信州すわ人力車 株式会社レイクガイド/ 長野で人力車に乗ろう人力車コース・時間・料金 > ~45分まで おひとり様2,500円 >

人力車コース・時間・料金

~45分まで おひとり様2,500円

人力車に乗って観光もお買物も散策も!途中下車可!

観光案内はもちろん、途中下車しての散策やお買物も可能
 歩いて回るのは大変だけれど、人力車での移動ならゆったりまったり・・・
  歴史を辿れるコースでは、武田や織田や豊臣と、知った名前が出てくる、かも

コースはあくまで一例です 

ご希望の行き先などございましたら、お気軽にご相談ください

1.ご宿泊先 - 片倉館 - 諏訪湖 - 湖柳町 - 並木通り - 大手見番 - ご宿泊先 <小説家 横溝正史と『犬神家の一族』>

小説家横溝正史は諏訪にどのような物語を見ていたのか――
『犬神家の一族』のモデルとなったスポットや、横溝が執筆していた場所、
眺めていた風景などを、当時の諏訪の様子も写真で見ながら巡ります

 

★作品モデルスポット等・・・10ヶ所(説明のみ含む)
★執筆地・・・3ヶ所 

※乗り場 上諏訪駅西口 または 高島城冠木橋前


諏訪の観光&温泉スポットで有名な片倉館。
本コースにもしっかりと入っています。

1-DSCN1820.JPG
片倉館

現存する建物や面影を辿りますが
様変わりしている場所もあります

できるだけ当時の様子が分かるように
写真もご用意しています


15-P_20160519_103940.jpg

「諏訪ってこんなところ」
そんなご案内もします

途中、温泉に触れたり
においを嗅いだり


2-DSC_0067.JPG
途中、温泉に触れたり

当時の花街、
登録芸者を取り次いでいた大手見番、
当時舟で移動していた御蔵溝・・・

小説家と作品、そしてその時代を巡る
盛りだくさんの内容となっています

09-P_20160519_103355.jpg
大手見番

 モデル・執筆地 監修 市川一雄

 

※指定の乗り場以外からもご乗車可能です。
その場合、迎車料金として人力車一台につき500円を頂戴いたします。 

2.みその丸高蔵ー 大手鍵の手カーブ- 並木通り- 面白路地街- 教念寺- 八剣神社- 甲立寺ー 楽茶

 蔵から蔵へ めくるめく蔵巡り

神州一味噌発祥蔵の「みその丸高蔵」を出発

同蔵は足湯やお土産を購入できるショップ、茶屋もあります

1-IMG_1001 春(800x533).jpg
丸高蔵

かつての城下の名残りである
鍵の手カーブを通り「
並木通り」へ

季節によって雰囲気がガラリと変わります

1-P7200195 600800 夏(祭).jpg
鍵の手カーブ―並木通り

はたしてこの道は普通自動車で走行できるのか・・・


地元人でも歩いていないと知らない細い「路地街」へ突入
夜には地酒を用意して待ってくれているお店が多数


※どの路地を通るかはその時の交通状況に応じて変更します

 P_20151216_142314.jpg
乗車中は頭上(看板)に気をつけて

国道の裏の道を走り
諏訪大社や善光寺を手がけたことで有名な
立川流の彫刻や
七福神の弁財天が見られる「教念寺」へ

40-P_20151215_134558 (800x447).jpg
教念寺


次に諏訪湖の御神渡りの観測をおこない

武田信玄とも縁あるため、武田菱を確認できる「八劍神社」へ向かう。
一時下車して是非とも探しに行こう!

 

その武田信玄が甲(兜)をつけて立ったとされることから
その名がついたとされる「甲立寺」を巡って五蔵(楽茶)へ向かう

51-P_20151215_141234 (800x450).jpg
八劍神社

 
諏訪名菓 鳥ぱん の購入や
夜に繰り出すお店を見つけるのも楽しいコース

お土産を見たり、歴史を辿ったりと
まんぞくさんになること間違いなし

35-P_20151215_134211 (590x800).jpg
丸平精良軒総本店

 

3.ご宿泊先又はくらすわ - 片倉館 - 湖岸通り - 並木通り - 高島城又はみその丸高蔵

または 高島城又はみその丸高蔵 - 並木通り - 片倉館 - ご宿泊先又はくらすわ

「上諏訪温泉旅館街の 宿泊施設」 又は
「くらすわ」 にてご乗車
その後千人風呂で有名な「片倉館」へ

 

1-1449538644485.jpg
くらすわ

片倉館は国指定の重要文化財です
諏訪の歴史を語る上でも欠かせません

また、有名な映画のロケ地にも使われました
その他詳細は是非俥夫からお聞きください

1-DSCN1820.JPG
片倉館

ルートによっては食欲をガツンと刺激される
良い香りのする路地などを通り「並木通り」へ

並木通りは季節によって雰囲気がガラリと変わります

IMG_0626 秋(800x533).jpg
並木通り

そして諏訪の浮城と呼ばれる「高島城」へ
春には桜、5月頃には藤棚が薄紫色に染まり、秋には紅葉が楽しめます
もちろん、途中下車しての散策もOK

その後、みその丸高蔵へ向かいます
道すがら、営業中ならとてもラッキーな

「信州そばようかん本舗」にて蕎麦ようかんを買ってみるのもアリ 

1431501877002.jpg
高島城

三之丸橋を渡り、三之丸第一浴場温泉跡を横目に
真澄の食品事業神州一味噌発祥でお馴染みの「みその丸高蔵」へ

丸高蔵ではショップや茶屋、足湯もあります

1-DSC_0444.JPG
三之丸温泉跡

片道のコースですが、帰りはゆっくり寄り道をしながら
戻ってみてはいかがでしょう

諏訪のお店や道路脇に温泉が沸いている様子など
車では気づくことのできない発見が絶対にあります。

また、近道をすれば、そう時間をかけずに戻ることもできます。

IMG_0598 (800x533).jpg
みその丸高蔵

 

4.諏訪五蔵酒蔵(楽茶)- 甲立寺ー 八剣神社ー 教念寺ー くらすわ又は片倉館又はご宿泊先

または くらすわ又は片倉館又はご宿泊先 - 教念寺 - 八剣神社 - 甲立寺 - 楽茶

横笛脇の細い小路を入ったすぐそこにある
地元の人達が気ままに立ち寄る和みのカフェ
「楽茶」の駐車場から出発

4-P_20150827_151551.jpg
本金


まずは武田信玄が甲(兜)をつけて立ったとされることから
その名がついたとされる「甲立寺」へ

56-P_20151215_141608 (800x450).jpg
甲立寺

そのお隣、諏訪湖の御神渡りの観測をおこない

武田信玄とも縁あるため、武田菱を確認できる「八劍神社」へ向かう。
一時下車して是非とも探しに行こう!
51-P_20151215_141234 (800x450).jpg
八劍神社


旧甲州街道の裏道を走り

諏訪大社や善光寺を手がけたことで有名な立川流の立体彫刻や
七福神の弁財天が見られる「教念寺」へ

ちなみに諏訪七福神を巡る開運ウォーキングコースもあります

40-P_20151215_134558 (800x447).jpg
教念寺

 

片倉館の前に顔出しパネルがあったら
ぜひ顔をはめてみてください

あなたも某映画の出演者気分になれるかも・・・

 

なお、酒蔵で飲酒された方は直後にご入浴されると
体に負担がかかりますのでお気をつけください



片倉館
1